お葬式のメイクや服装

お葬式の案内が届いた時に特に気を配りたいのが駆けつける時のメイクや服装です。学生の場合は制服などで対応しますが、社会人など大人になった場合は喪服を一式そろえておくなどもしもの時にすぐに無礼のないように駆けつけられるように準備しておくことが大切です。

また、女性の場合もお葬式の連絡がきたら通夜告別式ともに喪服で参列する事が多くなっています。そのためにも喪服を準備する事はもちろん、参列する時には結婚指輪以外のアクセサリーを外すなどの配慮はもちろん、メイクも華美にならないように薄目にして出席するようにしましょう。

また、意外と見落としがちなのが子供の服装です。特にまだ制服をもたない小学生や就学前のこどもの場合、喪服を準備するのは難しい事もあります。しかし、連れて参列するからには、普段着で連れていくわけにはいかないため、なるべくフォーマルな格好をさせるなど、普段と違った服装をさせる事が必要です。また、わからないから、何でもいいと思っているのは親だけで、まわりから見ても普段着の場合浮いてしまうだけでなく、参列した子供も居心地の悪い思いをさせてしまいます。大人がしっかりとTPOを教える事で子供も肌で感じ取っていくため、かしこまった場所にはかしこまった格好で連れていくようにしましょう。