お葬式に行って戸惑わない為に

お葬式に参列する事は年を重ねるごとに多くなっていきます。初めての時は緊張して何と声をかけていいのかわからなかったりお香典の金額に困ってしまうなど色々な面で戸惑う事も多くなりますが、回数を重ねるごとに参列のマナーもわかるようになるので、失礼のないような対応をする事ができるようになるでしょう。しかし、葬儀を行う側からすると一生に一度の事です。何か失礼な事があると、その人たちはずっと覚えているものです。それが親族関係などの場合今後の付き合い方にヒビが入る事もあるため、親族のお葬式などは失礼がないように慎重に対応するようにしましょう。

特に若いうちは仕事で中々かけつけられなかたり、子供が小さい場合など連れての参列が厳しい場合もあります。その場合は、弔電を送ったり、お香典を送るなど全く関わらないのではなく、しっかりと心遣いを伝えてあげる事が必要です。

また、親族の場合はどこまで参列するのか難しい判断もあります。特に全く親交もなく顔もしらないような人のお葬式に親族として出席すると相手も困ってしまうものです。名前だけは知っている、結婚するときにお祝いをもらったなど何かしらの親交がある場合は弔電やお香典で対応するなど柔軟に行う事がストレスなく親戚づきあいをするためにも必要です。