お葬式は通夜と告別式両方出席するの?

お葬式の訃報が届くと通夜と告別式の両方が記載されています。その際気になるのが、どちらに出席すればいいのかという点です。基本的に両方出席するものなのでしょうか。実際に時間を見てみると、通夜が18時~19時頃に開始して、告別式はお昼に行われる事が多くなっています。昔は通夜は身内や親しい友人が集うもので、告別式は会社関係や友人などが参列と言われていましたが、最近ではその境目はあいまいになってきていて、参列できる時を選んで参列するというのが一般的となっています。特に両方に参加する必要はなく、どちらか一方に参列するのが一般的となっています。

しかし、親族の場合は両方に参列する人が多く、特に通夜に間に合わない場合などは告別式だけ参列するなどその親族との親密さで判断しましょう。また、遠方ですぐにかけつけられない場合は、お香典や弔電などで対応する事も失礼にはあたりません。お香典を送るか、すぐに弔電を打って参列できない事をお詫びお悔やみを伝える事が大切です。

お葬式は遠方から駆け付けるケースもあり、どちらかというと通夜には間に合わず告別式だけになる事もあります。その場合、2日間日程があるとかけつけやすくなるので、葬儀にきてもらいたいと思っている親戚や友人の状況を考えて葬儀の日程を組むと故人との別れを共有する事ができます。