お葬式でのお悔みの言葉は?

お葬式で遺族と会った場合、きちんとお悔やみの言葉をかける事が大切です。お悔やみの故人との別れを惜しむ大切な言葉で合わせてご遺族の方を慰めるもののため、始めて参列するときなどは特になんと声をかけていいのかわからないものです。その時に失礼のないような言葉を覚えておくと相手に不快な思いをさせずにすむので確認しておきましょう。

お悔やみの言葉で良く耳にするのが「ご愁傷様です」という言葉です。この言葉には人の死を悼み悲しんで、遺族を慰める言葉のため「このたびはご愁傷様でございます」という言葉だけでお悔やみの言葉になります。しかし、かしこまっていてつかいづらいという場合は、「このたびは思いがけない事で残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします」など少し自分の言葉に置き換えてお伝えしても伝わります。あまりくだけた感じになってしまわないように注意して言葉をかけるようにしましょう。

故人とは面識があっても親など家族の事を知らない場合などは初対面という事もあり、なかなか声がかけづらいところもあります。しかし、故人の死を一緒に偲ぶという点においてもお葬式の時にご挨拶に来られた場合は、お悔やみの言葉と合わせて生前の故人との関係性やエピソードなど家族の知らない話をするなど、故人の死を一緒に悲しみその悲しみに寄り添うつもりで葬儀に参列すると心からのお悔やみの言葉をかける事ができるでしょう。